感謝と反省の日々

素晴らしき人生を日々生々しく綴るブログでございます。

14/07/14 [読書]『11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業』田口智隆

  なにもバフェットの名前を出さなくても良いんじゃないかと。

11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業

11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業

 

  ウォーレン・バフェットさんのことを知りたくなりまして、手にとった本なのですけども経済、投資の話をするきっかけのためにバフェットさんの名前を利用しているだけで特にバフェットさんの面白い話が載っているわけではありませんでした。

 これまで投資関連の本を読んでいる方にとっては、んなことわかっとるわいという初心者向けの内容です。ここからもっと専門的な本にステップアップしていかないと、これを読んだだけでよっしゃ投資しよう!とはならんと思います。

 それこそ、11歳くらいの人が読むと投資に目覚めるんじゃないでしょうかね。日本では親と子で、または学校で、あんまりお金の話をしませんからこういうのをそっと子供に渡して読んでもらうだけで全然違ってくると思います。

 期待したよりも薄い内容で少々ガッカリいたしました。それだけ私の知識も増えているということなんでしょうかね。まだほぼ何の投資もしてませんが・・・。

 反省。

14/07/13 [プロレス]WWE大阪大会観戦

 昨日、舞洲アリーナで初WWE観戦してまいりました。

WWE | トップページ
 以前はよく観てたんですけども、ここ数年プロレスそのものから距離を取っていましたので全く観ておりません。でも、休みの日に大阪で観れるんだったら観ておこうかと思いまして、通常日本で観るプロレスよりも若干高めのチケットを購入いたしました。

 会場は舞洲アリーナというところでございまして、な〜んにもないところでした。

舞洲スポーツアイランド
 チケットが取れてから、舞洲アリーナがどんなところかというのを少し調べてみましたら、これまでプロレスを観に行った会場で言うと神戸ワールド記念ホールに近いかな〜と思いました。なので公共交通機関を使うのはこれはキツいなと判断しまして、車で会場まで行くことにしました。

 行ってみますと想像通り駐車場は満車でして、他の駐車場に回ってくださいってなことが書かれてありまして、会場の近くの駐車場に向かいました。するとそこの駐車場もやっぱり満車のようでズラ〜っと車が並んでいました。いつまで待てば駐車場が空くかわからないので素早く周辺の駐車場を検索したところ、上手い具合にタイムスがありましたので行列から離脱しまして移動しました。

 すると私の後ろからズラズラ車がついてきました。前の車は別の駐車場を知ってるんだろう、だったらついていくぞってなもんでしょう。私の前にも車が走っていたんですが少し走ったところに駐車場がありまして、そこにスッと入りました。私もつられて入りそうになったんですが、ナビをしてくれた嫁さんがこの駐車場は検索に引っかかったところじゃないというのでスルーしました。私の後をついてきた車はそこに入って行きました。今から向かう駐車場が空いてるとは限らないので入ったほうが良かったかな〜と思ったんですが、初志貫徹。検索した時には空きがあると書いてあったし、嫁さんもしっかりナビしてくれるので最初に見つけた駐車場を目指しました。

 すると、実に入りにくいところにタイムスがありました。まだいっぱい車が停められましてそんなにビビらんでも良かったな〜と思いました。あっちにズラッと並んでた人もこっちに来たらええのにな〜と思いました。

 さて、前置きが長くなりましたがプロレス観戦の話です。どういうレスラーがいるのか、どういうストーリー展開がなされているのか、予備知識が全くゼロの状態で観戦しました。いつもの新日本プロレスとは全く違うド派手な演出、レベルの高い試合を期待していたのですが、残念ながら試合そのもので楽しめたものはほぼありませんでした。

 かつて一世を風靡したスーパースター中のスーパースター、ハルク・ホーガンが現れた時にはさすがに興奮しましたが、

  それ以外では正直、観に来て失敗だったな〜と思いました。先日観に行きましたボディメーカーコロシアムでの新日本プロレスの試合も、これまでに比べるとイマイチだったかな〜と思っていたのですが、それよりも遥かに楽しくなかったです。予備知識をちゃんと入れて楽しむ方法というのをしっかり勉強していないと楽しめないプロレスなんだな〜と実感しました。一見さんお断りってことですね。

 新日本プロレスがいかに優れた団体であるか、とってもよくわかりました。楽しみにしていたダニエル・ブライアンが来なくなった時点で

WWE | スーパースター | ダニエル・ブライアン
ある程度は覚悟していたのですが、それでも楽しめなかったのは実に残念でした。パンフレットもレスラーについての説明も何もなく、ただ写真があるだけでして、そういうところも初心者には不親切やな〜と思いました。

 もうWWEは結構です。日本には素晴らしいプロレス団体がたくさんあるのでそちらをしっかり楽しもうと思わされました。

14/07/12 [勉強]ファイナンシャル・プランナー

 試験を受けることにしました。

日本FP協会
 ブログなんて書いてないで勉強せにゃ行かんのですが、ついつい書いてしまいます。

 反省。

 これまでの人生、勉強というものを全くと言っていいほどしてこなかったので、勉強をするということや勉強できているということがどういう状態なのか全然わかりません。問題集を何回も何回も解いたほうがいいというのを、いくつかの勉強本で読みましたのでそれを実行しているわけですけども、その時は理解できていたり、記憶できていたりするんですけども、少し時間が経つとす〜っと抜けていってしまうんですね。どうしたものでしょう。

 実はこれまで2回この試験にはチャレンジしておるんですが、明らかなる勉強不足で見事に撃沈しまして、俺にも無理なんかな〜とちょっと根拠のない自信もなくしておりました。それが今年の頭ですかね、嫁さんに、何の話の時に出たのか忘れましたけども、ところでファイナンシャル・プランナーの試験どうなったん?聞かれまして、そういえば何が何でも合格するとか言うてたな〜と思い出しまして、このままでは嫁さんに嘘をついてしまうことになるな〜と思いまして、勉強しようと思い経ちました。

 そんなに順調に勉強できているわけではないのですが、春からちょびっとずつですがやっています。それでもイマイチ知識が増えたような感じもしませんし、理解できてないところもたくさんありまして、今回もアカンかも知れんな〜とちょっと思ってたんです。日程的に年3回ある試験の内、9月の試験しか受けられそうにないので、これがもし失敗するとまた来年ということになってしまうのもキツいな〜と思いました。

 そこで、どうしたもんかと会社の同僚に相談してみますれば、SNSで試験受けることを宣言してもし失敗したら、通常よりも恥ずかしい感じになるようにしたら頑張れるんじゃないかと提案されました。そう、それがええやろな〜と薄々わかっていたんです。でも、失敗したらカッコ悪いな〜と思うとどうにも宣言が出来ませんで、コソッと勉強しようとしていたのです。でも、それじゃあこれまでと何も変わらんと思いまして、同僚にアドバイスをもらった直後にFacebookで試験をうけることを宣言しました。

 おかげで以前よりも勉強に集中できるようになったように思います。ブログ書いてて言うのもなんですが・・・。あとは試験に見事に受かるだけなんですがね。この盆休みはなるべく勉強に時間を割きたいと言いまして、嫁さんには悪いんですがレジャーには出ないと言うことにしました。試験終わったら、ど〜んと遊びに行きたいな〜と思っております。

 42歳で勉強するというのはなかなかキツいというようなことを耳にします。しかし、これまで勉強すること自体、何歳であってもキツかったんです。オッサンになって記憶力や気力や体力が衰えたからキツいというのは、実はあんまり感じてません。続けて勉強できるかどうかだけです。勉強が日々の暮らしの中に上手に溶けこんで、習慣になるように工夫しています。成果が見えないのでツラいといえばツラいんですが、知識が増えるというのは楽しいことですから、出来るだけ楽しんで勉強します。

 これで新たな収入源が確保できたり、これまでお知り合いになれなかったような人とも知り合いになれたり、さらに人生を有意義に濃密に過ごすきっかけになればええな〜と思っております。とにかく、存分に勉強します。

 

14/07/11 [読書]『なぜグリーン車にはハゲが多いのか』佐藤明男

  そもそも本当にハゲが多いのかどうか、グリーン車に乗ったことないので知らんのだけども・・・。

なぜグリーン車にはハゲが多いのか (幻冬舎新書)

なぜグリーン車にはハゲが多いのか (幻冬舎新書)

 

 タイトルが面白かったので読んでみましたが、内容は実に薄かったです。タイトルに対する答えは割と早めに提示されておりますので、タイトルが気になって読もうと思った人はすぐに読むのを止めることが出来ます。これを中古本で108円で購入したからええものの、新品の正規の値段に買うにはだいぶしんどいなという内容でした。

 ここからネタバレになっちゃいます。

 

 ハゲている人というのは人類の進化系なんだそうで、進化というと大げさになってしまうかもしれないけれど、言うなれば優秀な遺伝子を持っている人なんだそうです。優秀な人というのは社会的地位が高かったり、収入が多かったりと仕事が出来る人ということになり、そういう人は新幹線はグリーン車に乗るというようなことで、グリーン車にはハゲが多いということです。

 加齢とともに男性の頭髪というのは薄くなってくるもので誰しも程度の差はあれどハゲに向かって走って行っているわけですよ。社会的に地位がある程度高くなるにはそれなりの年数が必要ですから、そりゃハゲてる人が多いだろうさと思うんですが、加齢によることはとりあえず置いといて、ハゲの人は優秀であるということを繰り返し繰り返し主張されております。

 いかにハゲてる人が優秀かということでハゲていて、歴史に名を残すようなをピックアップしていたり、脳科学的にはどうしただの、身体的にも筋肉が多いので能力が高いだの、あらゆるデータを出しては来てますが、イマイチ信ぴょう性が低いように思うものばかりで、これじゃハゲてる人を慰めるどころか、ハゲを題材に一笑い取ったろう的な本と思われても仕方がないんじゃないかと思いました。

 幸い、髪が細くなって地肌が見えやすくはなっていますが、今のところハゲてはいない私ですが、ハゲてないから成功する可能性が薄いんだな〜と落ち込むようなことも当然ありません。せめて成功しているとはどういう状態かを示し、その成功している人の中でハゲてる人とハゲてない人の数を比較をしないと全然話しにならないのに、グリーン車を眺めてみればハゲが多いとその時、たまたまかも知れないということすら、考慮入れてないというのがキツいな〜と思いました。

 しかもハゲとハゲてないの境界線についての説明もなかったですしね。通常いきなりゴソッとは抜けないわけですから、段階を踏んでハゲていくものです。明らかにハゲる段階の人のどの段階をハゲと認定するのか、その辺についてハッキリしてないのはズルいですね。

 散々ハゲてる人が優秀な人類と言いながら、どうやってハゲを克服すべきか、ハゲを予防するにはこんな方法があるとか、そういうことにもたくさん触れておられます。優秀さと引き換えに髪が抜けてるんだとしたら、抜け毛を抑えるようなマネはしないほうがいいんじゃないの?と思いました。

 そしてこの本を書いた人はフッサフサであるというのがこの本最大のオチだと思いました。

 ちなみに私のお友達でグリーン車を利用している人がいますが、フッサフサです。やっぱり関係ないと思います。フッサフサでも優秀な人はいるし、ハゲてても成功してない人もいます。何の関係もないと思いました。

14/07/10 [音楽]『こわれもの』イエス

 以前に聴いたことがあったのですが改めて聴いてみました。 

こわれもの

こわれもの

 

 以前、私が勝手に師匠だと思い込んでいるLOUDNESS山下昌良氏が影響を受けているというクリス・スクワイアさんのベースを聴いてみたかったというのがあり聴きました。その時はてっきりLOUDNESS的な音楽だと思っていたのでビックリしましてすぐに聴くのを止めてしまいました。その時はあんまり好きじゃないな〜と思ってしまったのです。前にも書きましたけども鍵盤系の楽器が好きではなかったのも聴くのが嫌になっちゃった原因です。それでも師匠が聴いておられるのだからとこのアルバムをろくに聴かずに他のアルバムにも手を出しまして、さらに苦手の気持ちを深めたものでした。

 ところが年を経まして、好みが変わったんですかね、えらくナイスなアルバムやな〜と思いました。ヘヴィメタルやハードロック以外は一切認めないという頭の硬いにいちゃんだったということです。スゴく聴きやすいし、演奏は素晴らしいし、歌も素晴らしいし、カッコ良いし、けなすところなんてどこにもないやんって感じです。これが苦手とかアホかと思います。若き日の価値観なんてそんなもんですね。今更ながら反省。

 楽器を演奏する者はプログレを好きにならにゃならん的な、どこで吹きこまれちゃったのかわかりませんけども、そういう思い込みがありまして全然楽しくないのにプログレを聴くようにしてました。ところが近頃は本当にプログレがしっくり来るようになりまして、若い時にイマイチだったのを1つずつ丁寧に聴き直してみようというシリーズの第1弾がこのアルバムなわけです。

 ヘヴィメタルを聴いてる時のような高揚感のようなものはないですけども、落ち着いてじっくりと一つひとつの音を、楽器を、楽しめる音楽になっているように思いました。当然、師匠が影響を受けたというクリス・スクワイア氏のベースは冴え渡っております。プレイもサウンドも好みです。

 どんな楽器を使っておられるのか、天下のWikipediaにて調べてみますと

クリス・スクワイア - Wikipedia
 写真で持っておられるのは憧れのRickenbackerですな。

  厳密にはこれ↑とは違うんですが、ま、こんな感じのやつです。そう言えば師匠も昔々はRickenbackerを使っておられましたな。やはりいずれは手に入れねばならんものですね。

 その他にも不勉強で全然知らんかったんですがElectra MPC Outlaw Bassというのも使っておれるようです。

X610
 これかどうかはわかりませんが、こんな感じだと思います。これ、何とエフェクターが内臓されてるんだそうです。最初に2種類のエフェクトボックスを選んで取り付けるんだそうで、エラいもんがあったんですな。

 さらにこちらも不勉強で全然知らんかったんですがMouridian CS-74というものも使っておられたとか。

Baixista.com.br - Baixos: Mouradian
 エレクトラのベースもなかなか個性的な形でしたが、こっちはさらに個性的で私、見た目はこっちのほうが好みです。このアルバムで使ってはおられない様子ですがね。

 色々楽しめる良いアルバムでございました。

 感謝。

14/07/09 [食]食べログ

 最近、食べログをよく観ております。

食べログ - ランキングと口コミで探せるグルメサイト
 美食家のお友達に美味しいお店を教えてもらったり、自分もええ歳なんで1,2軒はナイスなお店を知っておきたいという気持ちが芽生えたり、はたまた人生も半ばを過ぎましてもうあと何回ご飯が食べられるのかが簡単に計算できるようになり、量よりも質を高めていきたいという思いが湧いてきたりで、以前よりも食に対しての思い入れが強くなってきました。

 若い時ももちろん美味しいものが食べたいとは思っていたんですが、質よりも量を取る傾向がありました。今でも量がいけなくなったんですけども、メガ盛りのお店とか食べ放題という言葉に心が躍ってしまう自分がいますので、完璧に質にシフトできてません。でも、出来るだけ質の良い物を食べるようにしたいという気持ちが以前よりも強くなりました。「腹が減ったな、何か適当に食べよう」というのはなるべく避けて、今日の自分は一体何が食べたいのかをよ〜く考えて食べるものをチョイスしたいと思うようになりました。

 外食の時にお店選びの目安にしているのが食べログでございます。

「食べログ」はやっぱり信用ならない? 千原ジュニア「客の香水キツいから2度と行かないとかおかしい」 - おいしいお
 もちろん↑↓こういう側面があることは充分に承知しております。

『食べログの信憑性?』nene8788さんの日記 [食べログ]
 自分が行ったことあって、良かったな〜というところでも点数が低くなっているところもあります。いくつかそういうデータを眺めていますと、自分的にはこのくらいの点数のところだと満足できそうやなというのがジワジワわかってきます。そもそもべらぼうに低得点のお店なんて見たことないですけど、このくらいの点数だったらまず大ハズレはないかなという指針に使わせてもらっています。

 できればこれからもう少しレビューを読ん歩きあるきブログをなさっている方には何人か自分の好みに近い方を見つけて、その方の評価を参考にしてはいますが、食べログ内ではまだそこまでの研究はできておりません。

 基本的に読むレビューは極端に低い点数をつけている人のものです。点数が低い理由が私にとっては気にならないことなら全然問題ないわけですから、このレビューは参考にしなくてもいいかどうかがすぐわかります。高得点のほうは大体ベタボメですから、逆に何がそんなに良かったのか全然わからんということが多い気がしますので読みません。

 食べログを利用しながら、自分なりの美味しい店マップみたいなものが作れたらええのにな〜と思っております。この街に来たらこのお店みたいな感じでね。お友達とかに今度あの街に用事があっていくんだけども何かいい店知らん?とか聞かれた時にササッと答えられるようになりたいです。そうなるには相当道は険しくて長いんですがね。

 yelpというのもありますが、今のところまだ情報が充実しておりません。

大阪市 レストラン、歯科医院、バー、ビューティーサロン、医者
 最近日本に上陸したそうで、レビューを書くには実名でないとイカンとかで、気楽な気持ちで書くわけにはいかない風味です。SNSmixiがまずど〜んと行って、数年経ってから実名のFacebookがど〜んと行きましたから、もしかしたら食べログも数年後には廃れて、yelpのほうが信憑性の高い情報が得られるものになるかもしれませんね。思えばmixi食べログ、サイトのベースの色がオレンジ系ということが似てる感じがしますな。

 情報をせっせと更新してくれる方々に心から感謝します。

 これからもよろしくお願い致します。

14/07/08 [生活]コンビニの店員さん

 ありがたいことにウチの近所にはコンビニ3軒ありまして、どこのそれぞれ特徴がありまして、見事に使い分けがさせて頂いております。ちなみに3軒の内セブンイレブンが2軒です。

フランチャイズ 募集|独立開業、コンビニ経営ならセブンイレブン
 比較的に近いところで2軒でもう少し足を伸ばせば、さらに3軒ありましてセブンイレブンばっかりそんなにいらんのとちゃうかと思ったりします。

 そして、もう1軒がローソンです。

マチの健康ステーション LAWSON|ローソン
 少し足を伸ばしますとサンクスとかサークルKがあります。

商品情報 | サークルKサンクス
 これでファミリーマートミニストップが近くにあれば、大概のコンビニがあるような感じなんですが、どういうわけかファミリーマート、近所にあったんですがあっという間に潰れてしまいました。セブンイレブンはたくさんあっても潰れてないのに不思議やな〜と思いましたね。嫁さんがチケットの発券にファミマを利用することが多いので近くにできればいいんですけどね。

 近くにたくさんあるだけでもありがたいんですが、どこのお店の店員さんも大概優秀なんですね。それも非常に嬉しい。たくさんあるから、切磋琢磨しあってるということなのかもしれませんがね。

 某コンビニの店員さんは仕事が異常に早いんです。お客様を1秒たりとも待たせませんみたいな感じです。ところがこちらが小銭出すのに手間取ったりするじゃないですか、すると本人は多分気がついてないと思うんですが、レジをコツコツ指でリズムを刻みだすんですね。明らかにイライラしてるんです。仕事が早いだけでなく箸とかスプーンを入れ忘れたりすることもないので、できれば私もパパッと済まして協力したいんですけど、時々失敗します。ごめんなさいって気持ちになってしまいます。

 このコンビニの店員さんは女性も男性も一様に丁寧な接客でございまして、新しい人にチェンジしてもみんなちゃんとしてるんです。1番雑なのがオーナーのオッサンでして、この人お客さんが入ってくる入り口のところで運送屋さんと長々と立ち話してたりもします。きっとこの人が教育してたら誰も言うこと聞かんでしょうから、別のしっかりした人が教育しておられるのでしょうな。

 また、別の某コンビニは男性の店員さんが一様にスゴく丁寧で、女性の店員さんが一様に無愛想です。このコンビニは男性の店員さんは常にニコニコしておられるんですね。言葉遣いも実に丁寧ですし、仕事も丁寧、お釣りの渡し方ですら丁寧です。ところが女性の店員さんはほぼ笑顔を見せることはありません。忙しい時間帯に行くことが多いので笑顔を見せてる余裕なんてないのかもしれませんが、すぐ横で男性の店員さんが笑顔で接客してますから、余計に無愛想っぷりが目立ちます。

 はたまた別の某コンビニでは少し前に、店長らしき人がアルバイトの人を大声で怒鳴りつけて怒っているのに遭遇しました。お客様にアルバイトの人が何かやらかしたんでしょうけども、何もそんなに怒鳴らんでも、と思いましたね。叱ったり、注意したりすることはあるでしょうけども、何もお客さんが見てるところで、お客さま是非見てくださいと言わんばかりの大声張り上げんでもええんじゃないでしょうかね。ちなみにそこの店員さんは他の近所のコンビニの店員さんに比べて一様に雑です。老若男女問わず、何かダラダラしておられる印象です。どうしてもそのコンビニにしかない商品が買いたい時以外はそのコンビニには行きません。

 コンビニで働いたことがないので、接客に関してはどういう教育のしたかがなされているのかよくわかりませんが、お店によって特徴があって面白いな〜と思います。これからも喜ばしていただけると幸いです。

 感謝。